FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”お産トラウマ”って知ってますか?

shutterstock_153265193.jpg


今朝のNHK「あさイチ」は”お産トラウマ”についてでした。お産トラウマというのは自分の出産に関して満足度が低く、「後悔」したりすることで、アンケーとをするとお産トラウマを抱えている人がかなり多いらしいんです。「陣痛の苦しさから逃れたいあまり、自分の希望していなかった医療行為を受けてしまった」「産後、自分の気持ちを考えない、周りの無理解や心ない言葉で心が傷つけられた」・・・など。その事をきっかけに、“出産トラウマ”が心の傷となり、「自分の子どもがかわいいと思えない」「母親としての自信がなくなった」など、悩み続けてしまう、深刻なケースも多いらしいですよ。

陣痛の最初から最後までじっくり付き添ってくれる助産婦さんや、夫のサポートにより回避されることもありますが、私はお産について事前によく学んで自分にあった出産法を探しておくことが大切なんじゃないかと思いましたので、お産について書きますね。

●自然分娩
 ソフロロジー式分娩:これは最近注目されている方法で、イメージトレーニングを事前に習得して、リラックスの感覚を身につけておくと良いですね。 
 ラマーズ法:これはとにかく呼吸法が大事!お産の進行に合わせた呼吸法で緊張を解きリラックスする分娩です。
●無痛分娩
 アメリカでは3人に1人がこの無痛分娩らしいですよ。全身麻酔と局所麻酔(硬膜外麻酔)があります。硬膜外麻酔は陣痛が5分間隔になり子宮口が4~5cmに開いたら背骨の間に麻酔を注入する方法です。ふつうのお産と同じように意識がある中で痛みだけが和らいでるのでママの身体がリラックスしていて赤ちゃんの負担も少ないらしいですが、日本ではあまり普及していませんので、事前に病院で確認する必要があります。
●アクティブバース
 今日あさイチで紹介されていた助産婦さんがこれだと思うのですが、ママが一番ラクな体勢でパパと一緒に協力したりしながら産む方法です。とにかくママの不安を無くし、前向きに出産するという、最近注目の出産方法です。医療サイドの協力が必要なので事前によく調べて決めてください。

どのような出産方法であっても、めざすところはみんな同じで「少しでも痛みをやわらげ、母子ともに安全に、満足度の高いお産をすること」につきます。さて、あなたはどんなお産を望みますか?お産の主役はあくまでもあなた自身です。

  
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。