HOME
INDEX
RSS

プチ旅行(鎌倉&江の島)

お盆休みですが、猛暑が続きますねぇ。

私は、先日の日曜に、この暑さの中 強硬にも、鎌倉&江の島に行ってきました。

いやぁ、尋常じゃなかったです。私達夫婦だけだったら、絶対チョイスしない選択なんですが、子供にせがまれると嫌とも言えず、重い腰を上げたんですよ。

思うに、子供が生まれると本当に、今まで行かなかったところに行き、初めての経験をすることになります。
もともとアウトドア派ではなかった夫が、キャンプに行ったり、海に行ったり、と働くわけですから、子供の力はすごいです。

というわけで、子供が撮った写真を載せます。

江の島の夕焼けの写真と、江の島駅のガードレールの上にあった小鳥の像です。
かわいい洋服が着せてあるでしょ


湘南海岸の夕日小鳥の像


久しぶりに江ノ電にも乗ったんですが、すごい混みようでした。すごく混んでいる電車の中の入り口付近に、オランダのQuinny(クイニー)のベビーカーに赤ちゃんを乗せて立っているママが居て、乗客がドドーッて入ってくるたびに「子供が居るので、押さないで!」って怒鳴ってたんです。

Quinny バギー

このベビーカーすっごくカッコ良くて私も好きなんですが、とにかく大きいんです。

しかもストッパーをしていないせいか、揺れるたびにヨロヨロ、ヨロヨロ。
江ノ電は古くて、ドアが通常の電車の半分しかなくて突然ガァーンと閉まる。しかも狭い入り口に半分位ベビーカーが占めていてなかなか乗客が入れない。ベビーカーがあることも知らずに早く入りたいと乗客は押しちゃうわけだから、どうしようもない。

一方、車内ではたたむべきベビーカーだけど、荷物がたっぷりハンドルにぶら下がっていて、ママひとりでベビーカーと赤ちゃんと荷物を持つことなんて絶対できない。

こんなとき、どうしたらいいんだろう。。。

狭い江ノ電に乗りながら、いろんな解決策を考えていたら、すぐ降りる駅になってしまい、考えつかなかったのですが、きっともうこうなったら、人々の”思いやり”しかないのかも。

だってみんなどうしようもないじゃない?

いずれにしても、私が気になったのは、怒ったように「子供がいるから~」と怒鳴るのはちょっと考えものかもしれません。
何なら体を張ってでも赤ちゃん連れのママを助けたいと、常日頃から思っている私であっても、このママの役にはたちたくないと思ってしまいました。
きっと私の周りの乗客もそうだと思います。

赤ちゃんがいると、守らなきゃならないから、いつも以上に気を使うけど、ちょっと止まって周りを見て欲しいと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします