FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠中の禁止事項 [Food & Luxury goods] 食べ物・嗜好

[食べ物・嗜好品]
赤ちゃんに悪影響を及ぼすものもあります。

①タバコは早産の原因になる⇒『ホント』
タバコを吸う妊婦の早産率は、吸わない妊婦の約1.5倍です。また低出生体重児になりやすいばかりでなく、様々な異常を引き起こす原因にもなります。これらのリスクは1日の喫煙本数が多いほど高くなります。

②お茶は飲まない方がいい⇒『ウソ』
妊娠中はむくみ(浮腫)のある人を含めて、水分を制限する必要はなく、むしろ十分にとるのがいいのです。ただし、糖分を含まないお茶類にしましょう。カフェインが含まれている紅茶や緑茶は、食後や休憩タイムに楽しむ程度に。ほうじ茶や麦茶、ハーブティにはカフェインは含まれていませんから、たくさん飲んでも大丈夫です。

③コーヒーは飲んではいけない⇒『ウソ』
コーヒーに含まれるカフェインには、中枢神経を興奮させる、心拍数を高めるなどの作用があるとともに、依存性があります。カフェインは胎盤を通して胎児に移行しますから、肝臓の働きが未熟な胎児に影響を与える心配があります。ただ、問題なのは1日6杯とか10杯の場合。1~2杯のコーヒーは心配ありません。

④甘い果物は太りやすい⇒『ウソ』
果糖を多く含む果物ほど甘みを強く感じますが、甘いとカロリーも高いと思うのは間違いです。ショートケーキ100gのカロリーは約340kcal、温州みかんなら9個ぐらい食べないと同じカロリーにはなりません。甘い果物も過食しなければ太る心配はないわけですね。むしろ、妊娠中はカリウムやビタミンCなどを豊富に含む果物を、生で1日200g程度(りんご、梨、桃、柿なら1個、みかん2個程度)を、朝か午前中に食べるのが理想的です。

⑤魚は胎児によくない⇒『ウソ』
魚の中には胎児に影響を与える水銀を蓄積しやすいものがあり、妊娠中はメカジキやキンメダイを過食しないように(1回量60~80gを週に2回以下)すすめられています。しかし、他の魚は心配ありませんし、メカジキやキンメダイも過食を控えれば問題ありません。魚は良質のたんぱく質を含む食品です。特に胎児の脳の発育にプラスになるドコサヘキサエン酸(DHA)や血液をさらさらにするエイコサペンタエン酸(EPA)は肉類にない魚独特の栄養素です。妊娠中はむしろ魚中心の和食が理想的な献立です。

⑥卵はコレステロールを上げる⇒『ウソ』
卵はコレステロール(脂肪の一種)を多く含む高コレステロール食品ですが、卵を食べると血液中のコレステロール値も大幅に上がるというのは誤解です。1日1個程度の卵でコレステロールが高くなる心配はありません。卵は良質のたんぱく質やビタミンA、D,E,B群のほか、亜鉛、カルシウム、鉄などのミネラルを含む栄養バランスのよい食品です。むやみに敬遠せずにたべるようにしましょう。


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。