HOME
INDEX
RSS

妊娠中の禁止事項

lgf01a201306110500.jpg



妊娠と同時に「あれもダメ、これも心配」とさまざまな制約を受けがちですが、妊娠中にしてはいけないことはそんなに多いのでしょうか。

科学的に検証するとタブーではないこともたくさんあります。

そんな『ウソ』と『ホント』に迫ります。



Work  [仕事]


体と心に負担をかけないで。“ゆとり”を持って働いていますか?



1.過労になる仕事はセーブしたほうがいい ⇒『ホント』

妊娠中でも仕事量をセーブしたくないという人、仕事内容や職場環境によってセーブしたくてもできないという人などいろいろでしょう。妊娠中の仕事量はそれぞれの事情によりますが、過労や睡眠不足が続くと血圧が一時期に上がることもあります。このようなときは主治医とも相談して仕事量を控えましょう。

2.電磁波は流産の原因になる ⇒『ウソ』

健康一般にについては日本の総務省、WHO(世界保険機関)ともに影響はないとしています。資源エネルギー庁による妊娠ラットの動物実験では、胎児への奇形性は否定されています。日本産科婦人科学会の見解は出ていませんが、アメリカ産婦人科学会、カナダ厚生省保険局では流産のリスクはないとしています。

3.電磁波予防エプロンは効果がない ⇒『ホント』

電磁波は電子レンジなどの家電製品、携帯電話、パソコンから放出されます。なかでもパソコンの電磁波を心配して、電磁波予防エプロンをつけたほうがよいか迷う人が多いのですが、予防効果については科学的に否定されています。

4.長距離通勤は流産・早産の原因になる ⇒『ウソ』

流産の大半は受精卵の染色体異常が原因です。早産の原因はさまざまですが、長距離通勤が直接原因になることは稀です。ただ働く妊婦の場合、心身のストレスや過労などから流産・早産率が若干高いという報告もあります。通勤を含めて心身ともに快適な範囲で働きたいものです。

5.仕事のストレスは胎児にも伝わる ⇒『ホント』

ストレスが直接お腹の赤ちゃんに伝わるわけではありませんし、発育を阻害することもありません。しかし、お腹の赤ちゃんをいつくしむ精神的なゆとりがほしいもの。赤ちゃんを思いやる余裕がないほど仕事のストレスが強いのは避けたいですね。

6.同じ姿勢でいると腰痛がひどくなる ⇒『ホント』

椅子に浅く腰をかけて背筋をまっすぐ伸ばすと、腰痛予防になります。肩こり予防にはデスクに座ったまま肩を上下に動かすだけでもいいし、腰痛や背中の痛みを防ぐには、席から立って、背中や腰の筋肉を延ばすストレッチ体操をしましょう。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします