FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Category | 日々あれこれ思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤイヤ期はいつまで続くの?対応方法は?

公園や駅などで、2~3歳の子どもが、「あれもイヤ、これもイヤ!」という態度を取っているのを見かけることがあります。

「イヤイヤ期」ですね。

こんな時、子どもの気持ちをくんであげつつ、なだめて気持ちが落ち着かせるのは大変です。
私の子育て期はひどいものだったと思います。よく自己嫌悪してました。
でも、街中でそんなイヤイヤ期の子どもを上手に言いふくめているママもいます。
それを聞くたびに、あ~、あの時こう言えば良かったのかなぁ。なんて思ったりもします。
あの時の自分に教えてあげたかったなぁ。

今だから思うのですが、
イヤイヤ期の子どもの対応方法や、自分の気持ちの持って行き方、これもコツなんじゃないかなぁ。
知っていれば少しは気持ちもラクだったんじゃないか、と。

このイヤイヤ期は成長期の一時的な現象たと言われるけれど、いつまで続くのか、
日々のイヤイヤをどう対応したらいいのか、自分の心をどう落ち着かせるのか、
その時々に学ぶ必要があるんじゃないかと思ったりしました。

今だったらネットで質問したりするんですかね。

でも、そんなママの学校があったらいいなぁ。。。
最初から完璧な母親として生まれてくる女性はいないわけですからね。

今朝のヤフーニュースに「イヤイヤ期」についての記事が載ってました。
恵泉女学園の大日向先生には、私の子育て期によくお話しをお聞きする機会があり、その当時救われたなぁ、と思い出しました。

「イヤイヤ期」子育て中の親が抱える葛藤
スポンサーサイト

パパッと着替えられる仕様を目指して・・

Model_2,3

前回のファーストサンプルのモニター結果から、簡単にお尻や脚が出せて、紐やボタンを極力減らした可愛いデザイン、肌着ではなく部屋着として着られるデザインを考えます。



できれば紐やボタンを使わなくても、構造上簡単にパパッとお尻や脚が出せて、パパッとしまえるデザイン。

そんなデザインを試行錯誤、あ~でもない、こ~でもないと考えます!

時には、お店をまわったり市場調査をして、様々な服を見ながら、イメージを膨らませます。

股は分かれてた方が素手抱っこの時、抱っこひもの時、そしてチャイルドシートの時、洋服がまくれなくて使いやすそう感じます。



股が分かれていて、胸のところがリボンで止めるタイプのものや、お腹のところがビヨーンと伸びてそこからお尻や脚が出し入れできるものなどのアイデアを出し、さっそく試作してみます。

Model 2 と Model 3 を作って確認
①まずはシーチング生地で全体の形状を決めます。お腹の部分がゴム仕様になっているタイプが良さそうなので実際に試作してみます。

②セカンドサンプル(Model 2)を作ります。

③1ヵ月の男の子でモニターしてみました。(身長55cm、体重5,500g)

 上着の内側の紐が細いためか探してしまい、時間がかかってしまいました。

 また、足首が伸びないので足をママが引っ張れないですので、そこは修正が必要ですね。足首にゴムを入れましょう。

④前回の改良版(Model 3 )を作りました。

⑤そして今度は生後1ヵ月になる女の子にモニターしてもらいました。(身長55cm、体重4,370g)

 上着の内側の紐はたとえ太くしても、探したり結ぶのに時間がかかりますので、ここでかなり時間がとられてしまい、お着替えが30秒ではできません。

 ここは紐仕様を断念してホックに変更した方が良さそうでね。
首周りなど、ブカブカですね。たとえ小さな赤ちゃんでも首周りはもう少しフィット感が必要ですね。次回はそこを修正したいと思います。

モニター調査結果

こちらが、Model 3を試着してくれてる生後1ヵ月のすみれちゃんです。

条件を同じにしたかったので、肌着も脱いで着てもらいました。

パンツ部はかぼちゃパンツのようで、可愛いくなったと思います。どうでしょうか。あとは、お腹の部分がもっと大きな赤ちゃんでも大丈夫か、足首のゴムはもう少し長めにしたりと微調整が必要です。

でも、お着替えに1分かかってしまってますので、30秒を目指して時間がかかってしまったところを直す必要がありますね。



現在お使いのカバーオールタイプもビデオを撮ってみました。ホックは本当に多いですね。


次回予告

今までは、デザイナーにベビー服を試作してもらってましたが、今後は最終の縫製をしてくれる縫製メーカーさんに、作ってもらった方が良いので、次回までには縫製メーカー探しをします。

今回のモデルを見せて見積もりしてもらったりして、全体的なコストも把握しておきたいですね。ベビー服は、生地の基準が厳しい商品です。堅牢度も確認しなければならないし、最終品はホルマリン検査もクリアーする必要があります。なので、ベビー服を既に生産しているメーカーを探さないと時間ばかりかかってしまいます。

それにしても、あまり数を作らない今回のベビー服を受けてくれるのでしょうか。けっこう込み入った仕様になっている今回のベビー服、コストはいくらになるのか。心配ですね。

縫製メーカー探しは、今回の企画の大きな山です。まずメーカーが決まらないと作れませんからね。

がんばらないとっ!

08/10のツイートまとめ

Babinitys

育児グッズ勉強会開催しました!参加されたママ達です。 #育児グッズ #セーフティ #抱っこひも #エルゴ #アイエンジェル https://t.co/9TXN7tCKIs
08-10 23:54

08/01のツイートまとめ

Babinitys

#そら 無修正です。 https://t.co/tJmemuqmSG
08-01 01:05

07/31のツイートまとめ

Babinitys

赤ちゃんが #お風呂 で #泣く とママも悲しくなりますね。原因と対策はコレ #ベビニティーズ https://t.co/CnWaHmGRdF
07-31 20:37

好評の #おむつケーキ はもうすぐ完売になります。 https://t.co/38pCFdbgTv
07-31 04:08

プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。