FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のお弁当に便利なグッズ

夏の弁当


梅雨時から夏にかけては、気温が高くなり、食中毒の心配が増える季節ですね。お子さんにお弁当を作っているご家庭では、お弁当に何を入れようか悩む人も少なくないのでは?そこで今回は、この時期ならではのお弁当作りの注意点をまとめたいと思います。

食中毒対策の基本、「加熱→十分冷ます」


お弁当の具材はまずしっかり火を通すことが基本です。普段よりも具材は小さめに切り、火を通しやすくしましょう。マヨネーズやチーズ、ハムなどの「要冷蔵」の品は、加熱しないでそのまま使うのは避けます。

肉なら厚みがでないように「そぎ切り」したものや薄切りのものを使いましょう。もし厚みのある肉ならば叩いて薄くすればOKです。

魚も火を通せば大丈夫ですが、鮭フレークなどはそのまま使いがちなので、加熱してから使いましょう。

厚焼き卵はお弁当の定番メニューですが、中まで火が通りにくいので、夏の間はそぼろ状か、薄焼き卵にするのがおすすめです。

野菜も、プチトマト以外、生のものはやめましょう。プチトマトはヘタをとって入れます。ブロッコリーやインゲン、アスパラガスなどをゆでる時は、ざるにあけてしっかり水分をとばしましょう。時にはカラリと揚げてみると、しっかり火が通る上、食感も良くなります。



次に、細菌をつけないこと、また細菌がお弁当の中で繁殖しない工夫が必要です。水分は痛みの原因となるので、食材はよく水気をきって、よく冷ましましょう。

白米は、熱いまま入れると水分が出るので、粗熱をとってから入れます。おにぎりにする場合は、塩をやや多めにして、ラップを使って握りましょう。そのほかのおかずも、十分にさましたあと、必ず菜箸を使って入れます。使い捨てのおかずカップに入れておけば、たとえ汁けが出てしまっても他のおかずにつかないので安心です。ただし、カットフルーツを入れる場合は、必ず別の容器に入れましょう。



子どもが大好きなキャラ弁でよく使うマヨネーズ、ケチャップ、ハム、チーズなども注意が必要です。飾りつけする時には、手でなるべく食材を触らないように気をつけましょう。



そして気をつけたいのがお弁当箱。使ったあとはしっかり洗い、高温でも大丈夫な素材であれば、熱湯をかけて消毒しましょう。市販のアルコールスプレーを使って、内側を吹いておけばより安心です。中に詰め込む前には、完全に乾いていることを確認してくださいね。





傷みにくい具&調味料はどんなもの?


梅やしそ、しょうが、酢は昔から防腐作用があるとされる食材。特に梅干しは、白米を炊く時に水の中に一粒入れて炊き、炊きあがったらそのままほぐして、ご飯に混ぜ込むと傷みにくくなります。梅干しがない場合は、少量の酢(1合につき小さじ1~2杯)でももちろん代用できます。



大葉は刻んでおにぎりに入れたり、ひき肉のハンバーグの上にのせて焼いたり、意外に使い勝手のよい食材です。



カレー風味の味付けは、夏の食欲をそそる一品に。カレー粉を用意しておけば、肉の味付けや野菜の炒めもののアクセントになります。



小さい子どもは“酢”が苦手な子が多いですが、野菜をピクルスやマリネにしてしまえば案外ぺろっと食べられるもの。入れるときはしっかり水気を切りましょう。

 



便利なお弁当グッズでより安心!


中身をしっかり食中毒対策したら、あとは便利なお弁当グッズの出番です。かわいい柄付きの抗菌カップや食材の上に載せる抗菌シートは、子どものお弁当をあけた時の楽しみにもなりますね。保冷剤も、動物の形をしたものや乗り物、ハート、カラフルなものなどたくさん種類があります。冷気は上から下に降りるので、お弁当箱の上に置いて使ってください。保冷剤+保冷バッグのセットで使えば、保冷剤の持ちも良くなるし、作ってから数時間たってしまうお弁当でも安心です。





スポンサーサイト

0歳児ママのための育児グッズ講座

育児グッズ講座0531-1



★ベビーグッズ・コンシェルジュの白石佳子です。

マタニティからママを対象に、育児用品の選び方や使い方講座を開催しています。

今回は5/31に浦和で開催された0歳児ママのための育児グッズ講座についてご報告したいと思います。



今回は生後5~9か月の赤ちゃんのママ達と一緒に、お家の中の危険から守る対策や、初めての夏を迎える赤ちゃんのための暑さ対策の講座をしました。

ハイハイが始まる頃になると、お家の中は赤ちゃんにとって危険地帯になることがあります。

こちらが、「国民生活センター」が発表した、事故のきっかけと年齢の関係性のグラフです。
育児グッズ講座0531-2


このグラフを見ると分かるように、0歳児にとって一番起こりやすい事故は”転落”です。

ベビーベッドや大人のベッド、食卓用の椅子からの転落が多いようです。このような年齢に応じた事故の傾向を知ることは大切です。成長の発達段階に応じて赤ちゃんの出来ることは変化してきますので、様子を見ながら先読みして、対策を考えることが事故防止のポイントですね。



夏対策については、対策は一つだけとは限りませんので、複合的に考えて対処するのがポイントです。たとえば、ベビーカーの外出のときのUV対策なら、幌や洋服等でカバーして、どうしても肌が出てしまうところだけ、日焼け止めで対処する。といった具合に考えて欲しいと思います。

0歳児の赤ちゃんとの外出に一番活躍する、抱っこひも。

様々なタイプがありますので、使うシーンや赤ちゃんの成長に応じて使い分けることをおすすめしています。今回は、エルゴ・ヒップシート型・携帯性のあるスリング・おんぶがしやすい抱っこひもを実際に試していただきました。初めておんぶをしたママもいて、新たな感覚を感じてくれたんじゃないかと思います。購入の際は本当はいろいろ試してから買って欲しいのですが、なかなかできないのも実情なので、今回のような講座を利用していただけると嬉しいです。

使用中のエルゴベビーのチェックとして、ママと赤ちゃんに一番快適なポジションを確認したり、使い方の注意ポイントを再確認しました。
育児グッズ講座0531-3育児グッズ講座0531-4育児グッズ講座0531-5



今回は2時間という時間内に、セーフティグッズのことや夏対策グッズの選び方、そして抱っこひもを実際に使ってみたりと盛りだくさんな内容でした。

少人数でしたので、赤ちゃんと一緒にアットホームな感じで進めさせていただきました。





講座の中で毎回好評な「抱っこひもの試着」「エルゴベビー」に加え、0歳児ママに人気があるヒップシート型、携帯に便利なスリング型、おんぶに適した抱っこひもなどいろいろトライしてみました。



講座を終えて…

今回は、浦和駅西口の浦和スペースを使わせていただきました。使用させていただいたお部屋にはソファーがあったり、別室で授乳もできたりと、赤ちゃんとママに優しい空間で、アットホームで楽しい会になりました。

終わってからも残ってママ同士の意見交換をする方々もいました。

リフレッシュになれたら嬉しいですね。

数カ月でも月齢が上の赤ちゃんのママから知ることも多いはず、今度は0歳児ママ達の交流会などが開催できると楽しいのではないかと思ったりしました。

講座に関しても頻度や講座内容を増やしたりと、私自身内容をブラッシュアップしていきたいと思います。

ラクラクふわふわバルーンオール プレゼント企画します!

新米ママでもカンタンにお着替えできるベビー服「ラクラクふわふわバルーンオール」プレゼント企画⭐️

みなさま、記念すべき第1回目のプレゼント企画を実施します!
発売以降、新米ママだけでなくパパやおばあちゃん達にも簡単だとご好評いただいてます「ラクラクふわふわバルーンオール」を1名様にプレゼントいたします😍

生まれたばかりの赤ちゃんは、おしっこやうんちをトータル20回くらいするため何度もおむつ交換が必要です。しかもこの月齢の赤ちゃんの服はとにかく紐やホックが多いので、お着替えに時間がかかってしまいます。
ですので、新米ママにとっておむつ交換は緊張する時間でした。おむつ交換の間にぐずってしまって泣きだしてしまったりするからです。
ラクラクふわふわバルーンオールは、上下が繋がっている一体型デザインなのに前身頃だけ上下が分かれていて大きく開きます。上半身にあるホックを2か所留め、バルーンパンツのウエストをビョ〜ンと伸ばして足とお尻を入れればパパッとお着替え完了できます。
使っていただいたママのほぼ全員がすごく簡単だと評価してくれています。

1か月健診の計測の際もパパッとお着替えできて便利です。また、パンツ式なので、横抱っこの時に裾がまくれないだけでなく、抱っこひも、チャイルドシートでのお出かけの際も装着しやすいのでおススメです♩
ママと赤ちゃんにとって、快適なラクふわバルーンをぜひ一度お試しください♪
ぜひ周りのママ友や、マタニティの方にもお声がけいただいてふるってご応募くださいね。

応募期間:2018年5月28日(月)13時まで
商品:おむつ替えがカンタンにできるベビー服「ラクラクふわふわバルーンオール」
当選人数:1名

【応募条件】
1.当店のlnstagramをフォローしていただいてる方(今からでもOK!)
2.アカウントが全体公開の方
3.発送先が日本国内の方
4.実際に使用しているお写真を、@babinitys のタグを付けて、ご自身のInstagram にてご紹介していただける方
5.着用している写真を当店のInstagram 及びネットショップで使用させていただく場合がありますので、ご了承いただける方。
6.今回のモニター企画はインスタのメインアカウントからのご応募に限らせていただきます。(サブアカウントや応募専用のアカウントは当選対象とはなりませんので予めご了承ください)

※当店からのいいねが応募受付完了のしるしではございませんのでご注意ください。この件に関するお問い合わせはご遠慮いただきたいと思います。よろしくお願いいたします🙇‍♀️

【応募方法】
@babinitys  ベビニティーズのInstagramからご確認ください。
https://www.instagram.com/babinitys/

【当選発表】
締め切り後、当選者の方には直接DMさせていただきます。

皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。

残り2席 【0歳児ママ対象】ベビーグッズ・コンシェルジュから基本を学ぼう!ベビーグッズ講座&抱っこひもチェック



baby_goods1.jpg


0歳児ママ対象のベビーグッズ講座を開催しますので、そのご紹介です。

ハイハイが始まる頃になると、家の中であっても危険地帯になることがあります。
初めての夏を迎え、外出時に注意することが増えます。
今後、お子様の成長過程に応じて屋内外で気を付けたいこと、それに対応するグッズを紹介し、選ぶ基準や使い方を学びます。

ネットで調べようと思っても、莫大な情報の中から選ぶのは大変ですよね。しかもなかなか正確な情報を見つけるのは難しいものです。先輩ママの意見も参考になりますが、育児環境が同じとは限りません。

お子様の成長過程やひとりひとりのライフスタイルに応じた、最適なグッズの選び方や使い方を学べるだけでなく、今後ご自身で選ぶ際の指針になります。

今回は人気の高い「セーフティグッズ」と「夏対策グッズ」の講座2つをまとめて2時間に凝縮したおすすめ講座です。
皆様と楽しい一時を過ごせたらと思っております。 初めて触れる育児グッズについて、間違いのない選択の準備を!!


★以前勉強会を受けた方の感想(抜粋)
・和やかな雰囲気で気軽に質問ができて良かったです。月齢が近い方と話しができて楽しかった。(5ヵ月のママ)
・今後の子育ての役に立ち、とても良い気分転換になりました(4カ月のママ)
・試してみたかった抱っこひもを体験できて、使用感も実感できて良かったです。(6ヶ月のママ)
※お写真を撮らせていただくことがあります。(ご希望によりお顔は隠しますのでご安心ください)
※当日は、商品を販売したりは一切いたしません。ママの立場で便利で使いやすい商品を一緒に考えていきましょう。

【日時】2018年5月31日(木) 10時~12時
【対象】生後5ヵ月頃~1歳頃までの赤ちゃんのママ
【場所】浦和スペース(Urawa Space)     
さいたま市浦和区岸町4-2-18 赤澤ビル2F(浦和駅西口より徒歩5分)
【定員】6組(先着順)
【受講費】1000円(資料&サンプル使用)
【内容】
●『誤飲』『ケガ』『ヤケド』を回避するための注意するポイントとセーフティグッズ紹介
●初めて迎える夏に際し『日焼け』『あせも』『暑さ』対策グッズ紹介
●現在、使っている抱っこひもの使い方チェック
 (※安全に、そしてママにとっても体がラクに抱っこできるようになりますよ)

★参加ご希望の方★
①お名前
②ご連絡先(メール/当日の連絡先)
③出産日
④当日特に知りたいこと
⑤現在ご使用中の抱っこひもブランド(分かる範囲で)
を明記のうえ、info@babinitys.net へメールをお送り下さい。
 ※メール送付後3日経っても受付確認メールが無い場合には再度ご連絡ください。

イヤイヤ期はいつまで続くの?対応方法は?

公園や駅などで、2~3歳の子どもが、「あれもイヤ、これもイヤ!」という態度を取っているのを見かけることがあります。

「イヤイヤ期」ですね。

こんな時、子どもの気持ちをくんであげつつ、なだめて気持ちが落ち着かせるのは大変です。
私の子育て期はひどいものだったと思います。よく自己嫌悪してました。
でも、街中でそんなイヤイヤ期の子どもを上手に言いふくめているママもいます。
それを聞くたびに、あ~、あの時こう言えば良かったのかなぁ。なんて思ったりもします。
あの時の自分に教えてあげたかったなぁ。

今だから思うのですが、
イヤイヤ期の子どもの対応方法や、自分の気持ちの持って行き方、これもコツなんじゃないかなぁ。
知っていれば少しは気持ちもラクだったんじゃないか、と。

このイヤイヤ期は成長期の一時的な現象たと言われるけれど、いつまで続くのか、
日々のイヤイヤをどう対応したらいいのか、自分の心をどう落ち着かせるのか、
その時々に学ぶ必要があるんじゃないかと思ったりしました。

今だったらネットで質問したりするんですかね。

でも、そんなママの学校があったらいいなぁ。。。
最初から完璧な母親として生まれてくる女性はいないわけですからね。

今朝のヤフーニュースに「イヤイヤ期」についての記事が載ってました。
恵泉女学園の大日向先生には、私の子育て期によくお話しをお聞きする機会があり、その当時救われたなぁ、と思い出しました。

「イヤイヤ期」子育て中の親が抱える葛藤
プロフィール

Babinity's 店長

Author:Babinity's 店長
子育てしながらベビー用品メーカーで15年間様々な商品を生み出してきました。その後勤務した、ベビー・キッズカタログ誌のバイヤー経験を生かし、現在は「Baby Goodsコンシェルジュ」としてママたちに、"役に立ってユニークなワクワクするような育児用品を独自の視点で紹介しています。またメーカーへの企画・販促アドバイス、モニター調査も行なっています。ブログでは、妊娠経過月ごとにプレママへの情報発信、便利グッズのオススメポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事から探す
妊娠経過時期を入力して「検索」をクリックしてください。
ご意見・ご感想はこちらから
プレママやママの情報を交換しましょう

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
マタニティ情報発信
応援クリックお願いします。
子育て情報発信
主婦日記ブログ
最後まで読んでいただき有難うございました。応援ポチをお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。